美味しさを演出する為におすすめするフライパンの性能

美味しさを演出する為におすすめするフライパンの性能

美味しさを感じる要素として見た目はとても大切です。

もちろん、確かな味付けで本当の意味で美味しい事は当然ですが、見た目が悪いとその評価は半減してしまします。

例えば卵焼きですが、醤油を加えたり、ノリをまいたり、といった工夫で味と共に見た目のカラフルさも工夫されています。

でも肝心の卵が黒く焦げ付いているととてもイメージが悪く、美味しさの評価も下がります。

玉子焼きを焦げ付かせないで綺麗に仕上げる方法として、火加減の調節は重要ですがそれと共に道具の選び方も大切です。

そこでおすすめしたいのがフッ素加工のフライパンです。

このフライパンは、特殊なコーティング剤が加工されていて、とても焦げ付きにくくなっています。

さらに弱火から中火でその効果がはっきりとわかる為、卵焼きやホットケーキ等の調理には最適なのです。

使った後のお掃除も簡単で、火加減さえ調節しておけば初心者の主婦でも簡単・上手に卵焼きが出来ます。

とっても綺麗に仕上がるので必須のアイテムだと思います。

これさえあれば、あとは味付けだけです。

大阪育ちの私のおすすめは紅ショウガを入れた卵焼きです。

騙されたと思って一度試してください。

とっても美味しいですよ。

テフロン加工のフライパンをおすすめします

お手入れがとても簡単で焦げ付きにくい、不思議なフライパンがあります。

それがテフロン加工のフライパンで、私の一押しのおすすめ品です。

フライパンはその材質として鉄やステンレス、アルミニウム、チタン、ガラスなどいろいろな種類があり、材質の違いは性能として評価されますが、おすすめしたいのはステンレス製の軽いものです。

それと共に表面の加工も製品の評価を左右する重要なポイントになります。

オーソドックスな表面加工としては、フッ素加工が有名です。

焦げ付きにくくて調理がし易く、汚れもサッととれるので手入れが簡単です。

私達にとってとてもありがたい加工ですが、このフッ素加工を2層にしたものが、テフロン加工と言われる物です。

さらに3層にするとシルバーストーン加工と呼ばれる物になり、もう1層加えた4層加工の物をプラチナ加工と呼んでいます。

おすすめのフライパンを紹介

加工層を重ねる事で呼び名が変わっているのです。

この表面加工のデメリットは強い刺激に弱い事で、調理中は金属製のヘラなどを使用するのは避ける事と使用後に洗う時は柔らかいスポンジを使用して、表面加工を傷つけないようにしてください。

中火までの調理には圧倒的に効果があるテフロン加工の物と高温での調理に向いている鉄製の物を使い分けて使用してください。