普段の入浴を見直すことで、慢性疲労を改善できる可能性があります。 みなさんが思っている以上に入浴は疲れを取る上で大事なことです。 お風呂をシャワーだけで済ましている人はきちんと浴槽に浸かるようにしましょう。 浴槽に浸かることで血行を促進させたり、疲労物質を減少させることができます。 シャワーだけでは体の内側を温めることができないので、疲労を回復させるのは難しいです。 慢性疲労を改善するのに効果的な入浴法は以下の通りです。 ・39〜40度くらいの多少熱めの湯 ・しょうが風呂 ・重曹風呂 疲労が溜まっている場合は39〜40度くらいの多少熱めの湯に浸かるようにしましょう。 そして、いつもより少し長めに入ると疲労を取ることができます。 また浴槽の中にしょうがの絞り汁を入れることで体が温まりやすくなるので、疲労回復に効果的です。 それに、浴槽に重曹を入れると血管を拡張させ、血液の流れを改善でき、慢性疲労改善に効果を発揮します。 精神的な疲労が強い場合は、アロマを浴槽に数滴入れてみるのもいいでしょう。